勉強法

〇付けのタイミングで学力が分かる

どーも。塾長です。

小学生・中学生・高校生の勉強の仕方。

どんどん提案してみます。

今回のテーマは「〇付け」です。

「〇付け」。こいつをなめちゃあいけません。

なんたって、これを見るだけで生徒のだいたいの学力が分かるのですから!

体験に来る生徒、もしくは入塾間もない生徒は、ほとんどの子が

まとめて〇付けをする。

のです。2~3ページをまとめて〇付けをします。

このやり方がダメな理由はお分かりでしょうか?

このようなやり方をしてしまうと、〇付けをする頃には、最初の方に解いた問題なんて忘れていそうですよね。

どうやって解いたのか忘れた問題を〇付けしても効果は薄いでしょう。

日付をまたいで〇付けをしてしまっている子もいますからね。

でも、誰かから指摘されないと、それに気が付かないまま学生生活を終えてしまう可能性もあるのです。これは、もったいない事だと思います。やはり、「知る」ことが大切です。

また、最初の方の問題で解き方を間違えていても、それに気が付かず、最後まで間違えたまま進めてしまうということが起こってしまいます。

例えば数学。

例題⇒確認問題⇒練習問題⇒発展問題と難しくなるように問題集は作られています。

それなのに、最初の例題、確認問題を終えた時点で〇付けをしないで練習問題、発展問題まで解く子がいます。

この場合、もし例題や確認問題の時点で解き方を間違えていたら、その解き方を前提として作られている練習問題や発展問題は悲惨な正答率になってしまうでしょう。

問題演習は、序盤での気づきを後半の応用問題に活かしていくことが大切です。ですので、〇付けは小まめに行うのです。そして、そこで正しい解き方を身につけてから、先に進んでいく事が大切なのです。

ぜひとも、〇付けの仕方を確認してみて下さい!

 

最新の投稿