ブログ

高校生活を見据えて

昨日は、ひとりの新高1生と面談をしました。

公立高校入試では、残念ながら第一志望校には不合格だったけれども、

受験の最後まで頑張っていた生徒です。

来月からは私立高校の県内最難関コースに進学することになります。

私からは、公立高校入試は1つの結果に過ぎないこと

ここからの3年間が本当の勝負であること

高校での文理選択のポイントなどを直接伝えました。

岩手県は、どうしても公立高校の方が優位です。

公立高校に不合格だったから私立高校に入学する

このような風潮があります。

しかし、先ほども言ったように

高校3年間の頑張りの方が大事なんです。そして、学力は簡単に逆転されます。

もっと言うと、高校生活の最初の1年間でその逆転は起こります。

それは、公立高校合格で思いきり油断してしまい、勉強しなくなるからですね。

特に今年は公立高校の上位校である

盛岡一高、盛岡三高、盛岡四高、盛岡北高の倍率が高かったので

公立高校受験が不本意な結果となった人は、例年よりも多いです。

ただ、そのような皆さんがその悔しさを胸に、勉学に打ち込むことができれば

3年後の大学受験で笑うのは、今回悔しい思いをした皆さんの番です。

さあ、3年後に高らかに笑おうじゃないか。

頑張りましょう。

 

 

 

最新の投稿