ブログ

「自分の部屋で勉強すると集中できる」のはホント?

自宅での勉強場所は、

①リビングなどの家族共用スペース

②自分の部屋

に分かれると思います。

①は、「リビング学習」とも呼ばれますね。

どちらが良いのでしょうか?

これは、もちろんその子のタイプにもよりますが、

私個人の考えでは、

「自分の部屋で勉強すると集中できる」という事は、ほとんど無いと思います。

なぜでしょうか?

それは、「自分の部屋は、家庭内で一番の安全地帯」だからです。

簡単に言うと、親の目が届かない場所です。

「とても楽な空間」です。だから、快適なのです。

自分の部屋では、プレッシャーから逃れる事ができます。

これに加えて、自分の部屋には、様々な誘惑がありますよね。

ゲームやマンガ、スマホ。それが無くても、「布団の誘惑」がありますよね。

私は、中・高と布団の誘惑に何度も負けてしまいました(笑)。

今でも、この強敵には勝てません・・・。

普通は「勉強が嫌い」です。私もそうです。

それなのに、自分の部屋に行ってしまうと、

嫌いな勉強をスタートさせるのに、これらの誘惑に打ち勝つ必要がありますよね?

もうこれだけで、十分にハードルが高いですよ。

また、普段はリビングなどで過ごしているのに、勉強の時は自分の部屋に行くわけですよね

自分以外の家族は誰も勉強していないのに、自分だけ勉強をするために部屋へ向かうのです

これも、ハードルが高いですよね?

「自分だけ、勉強するのかよ?」と思うのは容易に想像がつきます。

私も、学生時代はよく感じました。

ですので、可能であれば、

家族の目が行き届き、家族の存在を感じられる「リビング学習」が良いと思います。

もちろん、自分の部屋で学習して結果が出ていれば、変える必要はまったくありません。

もし、成績に悩んでいて、「自分の部屋できちんと勉強できているか分からない」

という状況であれば、変えてみる価値はあります。

そこまで構える必要もありません。

勉強できるスペースを用意し、テレビもつけっぱなしでOKです。

ただし、テレビの画面だけは見えない位置で勉強させてください。

音を聞いて、テレビを確認しに来るのも、時々なら許してあげます。

子どもは、すぐ環境に慣れますからね。

周りがざわざわしていても、勉強できないという事はありません。

勉強は、すべて塾で完結。終わったら、自宅では勉強しなくて良い。

こういうのも、ありですよね。

そうすれば、帰宅後の自分の部屋で、いくらでもくつろげます。

保護者の皆様も、「勉強したら?」と言わなくて良くなりますよね。

一番お伝えしたいことは、

自分の部屋があるからといって、自分の部屋で勉強する必要は無い。

という事です。

自分の部屋で勉強するのは、想像以上に大変な事だと思います。

最新の投稿