イベント情報

【小6生対象】「中学への英単語速習道場」を行います!

「英語が危ない!?」ってどういうこと?
英語を意識的に勉強してこなかったお子さまには、危機が迫ってきています。
『ゆとり』の3倍?
これを読んでいただいている保護者の皆さまの中には、「ゆとり」世代の方もいらっしゃるかも知れません。
「ゆとり」の時代は、中学3年間に習う英単語が800語程度でした。
「ゆとり」が終わってからは、1,200語程度になりました。
そして、今は小学校で600語程度、中学校で1,700語程度を習うことになっています。
このように中学3年生までに覚えないといけない単語数は倍増しているのです。
「ゆとり」の時からすると、実に約3倍となります。
気を付けないといけないのが、小学校で習ったことになっている600語です。
通塾生から話を聞くと、小学校では外国人講師と楽しくゲーム感覚で英語を勉強しているようです。
英単語を書いたり覚えたりということはしている様子がありません。
もちろん、学校によってバラツキはあるようですが・・・。
中学校の先生は、中学範囲の英単語約1,700語を習得させて、高校範囲から降りてきた英文法まで教えないといけません。
中1で言えば、これまで中2で教えてきた不定詞、苦手となる生徒が多い単元ですが、これを中1で教えないといけなくなります。
学校現場の負担は想像以上に大きい事でしょう。
丁寧にみんなをフォローすることは、どう考えても不可能だと思います。
実はもうすでに大きな差が。。
このような状況ですから、小学校の時から意識的に英語を勉強してきた子と、そうでない子とでは、大きな差がつくことは容易に想像できると思います。
と言いますか、中学入学の時点で大きな差がついてしまっています。
しかも、このことは分かっていた事なので、早い時期から準備をしている子も実はいるのです。
当塾には小学5年生の時点で1000語レベルに達している子もいます。
大学進学を希望するご家庭、大学に行くかは本人次第だけど、将来の選択の幅は広げておいてあげたいとお考えの方は、なるべく早いうちにご準備ください。
そのためには、小学英語の復習が鍵となります。
①少なくとも英単語を読んで、意味が言えること
②小学英語をしっかりと文法的に理解しておくこと(小学校ではこれが不足しています)
が必須です。
この時点で、「大丈夫かしら?」と思われている小6生の保護者の皆様
今が最後のチャンスです!どうぞお気軽に『中学への英単語速習道場』を体験させてあげてください。
それでは、「中学への英単語速習道場」の特徴について、詳しくご説明いたします。
【気軽に受講できる無料体験会】
全4回の無料体験会です。体験後の勧誘は一切いたしませんので気軽にご受講ください。
135分×4回の体験会で、
・お子さんがどれくらい英語を習得しているのか。
・どれくらいのスピードで英単語を覚えることができるのか。
を知ることができます。
それによって、中学入学までに、何をどのように準備していけばよいのかが分かります。
【お子さま一人ひとりに暗記の最適化】
AIが一人ひとりの暗記のスピードに合わせて反復の回数・間隔を調整して出題します。
見る・読む・書く・聞くの五感を使って暗記していきます。
単に英単語のみ覚えるのではなく、文章中での使われ方も理解しながら覚えていきます。
【文法理解への手引き】
これまでは高校範囲の英文法が中学に降りてきています。中学1年のbe動詞、一般動詞現在形、助動詞canなどは、小学校で習ったことになっています。
しかし、塾や英会話教室で勉強してきた子以外で、しっかり分かっている子はいないようです。残念ながら、これは事実です。
中学校でもおさらいはしますが、ボリュームが大きいので十分な時間はかけられません。小学校のうちに復習しておく必要があるのです。
また、体験会に参加された皆様には、小冊子「不合格にならない高校入試」を差し上げます。中学3年間の勉強の指針となる当塾オリジナルの冊子です!
【中学への英単語速習道場】
日程:11月・12月中の3日間
  (ご希望をうかがい、日程を一緒に決めます!!)
時間:17:00~21:30までの間で希望する時間帯
費用:小学6年生 135分×4回 無料
いかがでしょうか。
このように、「中学への英単語速習道場」では、小学英単語を個別指導で復習できます。
「中学への英単語速習道場」に興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください!
最新の投稿