ブログ

受験の心構え

「受かりたい生徒」と「受かると決めた生徒」の話です。

受験に受かりたい生徒は、たくさんいますよね。

というよりも、受かりたくないという生徒は、めったにいませんね(笑)。

しかし、「受かりたい」と思っているうちは、意外と大変です。

「勉強に集中できない」

「やることがわからない」

など、色々なことを言います。

勉強しない理由を見つけて、言うわけですねよね。

意地悪な言い方をしてしまうと、勉強しない理由を常に探してしまっているわけです。

一方、「受かる生徒」や「受かると決めた生徒」は違います。

受かる事を前提にして、そのために何をやるべきかを質問します。

もしくは、自分で考えます。

そして、行動します。

やり方を確認しながら、少しずつ修正していきます。

「アドバイスを受け入れる柔軟性」と「自ら考える主体性」を持ち、

必ず行動しています。

柔軟性と主体性を伴って、まずは行動する

受かりたいではなく、「受かる」と決めましょう。

そして、行動です。

受験は、厳しい世界です。

高校受験では、

盛岡の公立高校は、大部分が1倍を超えます。

特に、今年は進学校の倍率が高かったですよね。

つまり不合格者が出る試験なのです。

大学受験では、

国立大学の平均倍率(2022年度)は4.0倍です。

受験者の4人に1人しか合格しません。

合格を勝ち取るには、「受かる」と決めて「行動」です。

最新の投稿