勉強法

テストは準備が何よりも大事だよ!

塾長です。

学校のテストの点数は「準備」で決まります。

「準備」

これをきちんとできている人がどれぐらいいるでしょうか?

ここで、私の思い出話をしてみたいと思います。

私は中学1年生のころ、北上中学校に在籍していました。

当時の同校は全校生徒1000人のマンモス校でした。

ということは、各学年330人くらいいたんですね・・・。

まあ、ヤンキー中でした。本当に、ビーバップハイスクールの世界でしたから(笑)。

私は1年E組に在籍。

最初の中間テストは、412点。

自分でも頑張ったなと思った3学期の期末テストは430点。

学年で30位くらいでした。

中2で盛岡河南中学校に転校します。

小学校3・4年は同じ学区の中野小学校にいたので

戻ってきたという感じでした。

私は、2年4組に在籍。

転校後のテストは400点前後を行ったり来たりです。

当時の河南中は220人くらいだったと思いますが、

やはり学年で30~40位くらいでした。

で、ちょっとしたきっかけがあって、

中3の後半は学年1位を取れるまでになったんです。

これ、すべて準備の仕方の違いなんですよね。

ちょっとだけ説明しますよ?

学年で30~40位の頃は、実は

自分は頭が良い

と思ってたんだと思うんです。恥ずかしい限りですが(笑)。

だからテストに対しての準備が甘かったんです。

「これぐらいで良いだろう」

こんな感じなんですよね。

でも、学年1位を取った時は、

自分は大したことない。上には上がいる。

そう思っていたんです。

だから徹底して準備をしました。そうしないとテストを受けてはいけない気がしていたんです。

初めて学年1位を取った時のテスト前日の私の気持ちは

こんなに勉強したのに1位を取れなかったらどうしよう

でしたからね。

テスト勉強は、勉強すれば勉強するほど不安になります。

それは、勉強すれば勉強するほど「自分が本当はわかっていないこと」を知ってしまうからです。

この状態まで行くことができたなら

大きな成果を得られるかもしれませんね。

最新の投稿