ブログ

小5・小6の通常授業は「国語メイン」

今日も、小学生は国語をやります。

今日は、講師の先生から「小学生でこんな難しいのやるんですね!」と言われました。

現役の国公立大生が思わずそう言ってしまうような内容を、小学生がぐいぐいと進める。これが当塾の日常なのです。ちなみに、大学入試で国公立大学に進めるのは小学校のクラスで2~3人くらいです。その彼らを驚かせるような内容をこなしているということなので、もっとその価値を知ってもらいたいというのが正直な気持ちです。

国語は、スタートが肝心です。「何となく解ける」ことほど怖いものはないのです。なぜならば、根拠がなければ、大一番で何となく間違えてしまうかもしれないじゃないですか。だから、当塾は「解答する根拠」にこだわりたいのです。

この姿勢を小学生の頃から身につけるには国語が最適なんです。国語ほど「思ったよりできないぞ?」と思える教科は無いからなんです。こうやって、国語という教科で勉強に対する謙虚さ(卑屈さとは違います)を身につけると大きいんですよね!なので、当塾の小学生は、国語の選択率が高いんです。

最新の投稿