子育て

授業中に手を挙げない子

これは、小学校の授業での話です。

授業参観に行って、こう思われることはないでしょうか?

「あー、うちの子は何で手を挙げないんだ・・・。」

「こんな簡単な問題、わかるでしょー。手を挙げてよー!」

はい。あると思います(笑)。

ちなみに私は、その「手を挙げない生徒」でした。

手を挙げない生徒には、3つのタイプがいるのではないか?と思います。

①純粋に分からないから、手を挙げられない。

②分かるけど恥ずかしくて、手を挙げられない。

③授業を理解する方に、興味が向いている。

あくまで、私の独断です。

授業中にどんどん手を挙げて発言する子たちは、一見、優秀そうに見えます。

しかし、私はこれまでの経験から、

「本当に勉強が出来る子は、授業中にあまり発言をしない。」

と感じています。

だいたい、③のタイプです。

授業参観に行くと、

「あ、この子は勉強が出来る子だな。」

というのがすぐに分かります。

クラスに2人ぐらいでしょうか。

そういう子たちは、ほとんど手を挙げていないです。

なぜでしょうか?

それは、授業中に自分の頭で考えているからです。

発言せず、じっとその授業の流れを感じています。

先生をじっと見て、軽く頷いたりしています。

こういう子は、成績が良いです。

授業のまとめを書かせれば、的確な内容を書くことができます。

「授業を聞くだけで分かる」というのは、こういう子のことです。

一方で、発言ばかりしている子は、

意外と授業の内容をまとめられなかったりします。

発言することが目的になっていたりするからです。

もちろん、積極性という面では、素晴らしいと思います。

授業中に、きちんと考えている子と考えていない子では、

気づかないうちに、大きな差がついています。

この傾向は、中学以降、もっと顕著になっていきます。

例えば、先生が黒板に書く内容をすべてノートに写す生徒がいます。

これは、はっきり言って無駄ですよね?

本来は、要点だけをノートに書けば良いのです。

すべて写す生徒は、写すことが目的になっているケースが多いです。

一生懸命に見えますが、あまり深くは考えていません。

この件に関しては、以下の記事をご覧ください。

要点を書くには、きちんと自分の頭を使う必要があります。

ですので、授業中に発言できなくても、気にしないでください。

それよりは、「授業で何をやっているのか?」を

きちんと理解できているかどうかを確認してみてください。

最新の投稿