小学生

算数(数学)のコツ

小学校の勉強は何をやらせれば良いの?

このような疑問、お持ちではないでしょうか?

そこで、算数で何を理解しておけばよいのか

お伝えしたいと思います。

学習法というか、考え方のコツです。

まず、算数と数学の違いから説明いたします。

私なりの解釈です。

小学校算数⇒具体的な答えを出すことが目的

中学数学⇒いろんな物事を数式で表すことが目的

高校数学⇒定義を理解することが目的

となります。

小学校の算数の時に、深く考えないで答えを出すことに慣れると、あやしくなってきます。

答えが合ってるかどうかだけ気にするタイプは、危ないです。

算数において当塾で教えるのは、

①四則演算(足し算・引き算・掛け算・割り算)を

整数・分数・小数の全てにおいてミスなく出来ること。

②分数・割合(比も含む)・速さの概念の確認。

③図形問題は、分かった情報をきちんと問題の図に書き込むこと。

これ以外は、あまり教えないようにしています。

実際、これ以外は中学以降、あまり使わないからです。

簡単に解くための公式なんて教えません。

小学生で公式なんて使ったら、悪夢です。

その段階で思考停止です。

なるべく自分で考えてもらいます。

間違いなんて気にしません。

大事なのは、具体的に考える習慣づけです。

数字遊びで解くのではなく、数え上げるのです。

例えば、長さを計る時に目盛りを一つ一つゆっくり数えて良いです。

むしろ、この方が素晴らしいです。

スピードは気にしない様にします。

これを徹底させます。

式なんて立てられなくても、私は気にしません。

適当に式を立てるより、指を使って数えて解く方が数倍良いです。

答えを出してから式を立てても、構いません。

「きちんと具体的に考える事」。

これが、後々、威力を発揮してきます。小学生は、この点を重要視しましょう。

中学数学で一番重要な単元は、中1の文字式と等式変形です。

この2つで引っかかると、文章題は解けません。

その中でも、文字式が最大のポイントです。

なぜならば、文字式が具体から抽象への第一歩だからです。

具体的な事柄を、数式に落とし込んでいく作業。

これが、抽象化です。

それを行うのが、中学数学です。

中学以降の数学が、すべて「数式で表すこと」だとすると、

その表し方である文字式があやしかったら、何も出来ません。

当塾では、その点に、一番気をつけています。

その上で、方程式、関数、図形と理解していきます。

数学が難しいのは、具体的な算数から抽象的な数学に変わるからです。

ですので、時には算数に戻れば解決することも多いです。

例えば、

1000円を持ってa円の買い物をした時のおつりは(1000-a)円です。

これが分からない場合は、

1000円を持って600円の買い物をした時のおつりは400円です。

ここから考えます。

つまり、「具体⇔抽象」を行き来することがポイントです。

これを時折、やっていく事が必要になります。

具体が算数、抽象が中学数学です。

中学数学でも、算数と同様に、当塾では公式を極力教えません。

最低限の公式で解くようにしています。

教科書に載っている程度の公式で、受験問題も解いていきます。

これは、高校に向けての布石です。

高校数学は、公式の丸暗記では乗り切れません。

皆、これをやってしまって挫折します。

当たり前です。量が多すぎて、覚えきれるわけがないのです。

暗記は最低限にして、暗記した公式から他の公式を自分で導き出すようにします。

ですので、公式で楽をして解いたという経験は、

高校入学時まで持っていて欲しくないのです。

最新の投稿