勉強法

新学年への準備

新高1生も高校からの課題が渡され

だんだんと新たなステージへの

意識が向いてきたと思います。

新中1生もそうですね。

こういう新たなステージに上がる時は

少なくとも勉強に関しては

少し予習をしていた方が良いと思います。

「予習」といっても

別にがっつりやる必要はないです。

「あー、こんなことをやるんだー。」

と少しのぞいてみるだけで良いんです。

新高1生や新中1生の皆さんが

高校や中学校から出される課題は

中学校、小学校の復習がメインになっていると思います。

それはそれで大事なんですが、

「なぜ復習が課題になっているのか?」

ということを考えて欲しいんです。

それは、「次のステージで必要になるから」じゃないですか。

じゃあ、「なんで必要になるのか?」を知った方が良いじゃないですか。

だから、高1の内容や中1の内容を少しのぞいてほしいんです。

そうすれば、「この復習がどうして必要になるのか」が分かってきます。

これが分かれば、「よし!きちんと復習をしよう」となってくると思います。

これを行わずに「宿題になってるから、とりあえずやるかー」では、

つまらないでしょうし、こんな姿勢ではなにも身につかないですよね。

ですので、少しだけ、次のステージをのぞいてみましょう!

 

最新の投稿