勉強法

塾長が中3の夏にやったこと

こんにちは。塾長です。

私は、中3の時に急激に成績を上げたタイプです。

夏休み前の期末テストでは学年56位でしたが

夏休み明けの実力テストでは学年10位になりました。

こういうエピソードがあると

いろいろと質問を受けるわけです。

Q:夏休みは塾に行きましたか?

A:行きました。行かなかったら、今の自分はないです。

Q:何を勉強したんですか?

A:塾の夏期講習のテキストです。それしか解いてないです。

Q:どれぐらい勉強したんですか?

A:塾の夏期講習が毎日5時間あって、帰ってから自主的に5時間くらい勉強しました。復習中心です。

Q:何に気をつけて勉強しましたか?

A:夏期講習のテキストの問題を、自分で説明できるようになるまで繰り返しました。塾の先生が説明する口調まで真似しながら、何度も繰り返して説明の仕方を真似しまくりました。

Q:夏期講習の思い出はなんですか?

A:英語の英文法です。be動詞と一般動詞の区別を初めてつけられるようになったからです(笑)。

いやー、英文法はマジで衝撃的でした。これを理解したら、休み明けテストの英語がかなり分かるようになっていましたからね(笑)。

塾長の昔語りでした( ´∀` )

少しでも勉強のヒントになればと思います。

 

最新の投稿