塾生エピソード

「小さな成果」を見落とさない

大人の目からすると大した事に見えないようなことでも、

子どもにとっては大きな成果だったという場合があります。

これは、以前通塾していた生徒の話です。

中1の10月に入塾したBさん。

2学期の中間テストは、5教科で158点でした。

それを見て、慌てて体験を申し込んできたというわけです。

実際、大変な状況でした。数学は、定期テストで16点でした。

入塾後、最初は質問に来ることを恥ずかしそうにしていましたが、

当塾は「間違えても恥ずかしくない」というスタイルだと理解すると、

それに早く馴染み、「全然わかりませーん(笑)」

と言って質問に来ていました。懐かしいです。

テストは5教科トータルで、

158点(2学期中間)⇒182点(2学期期末)⇒201点(3学期期末)

と上がっていきました。

私は、全員のテストの点数をメモしていますので、

「20点ずつ上がってるね!すごいね!」

という様に声がけしていきました。

しかし、Bさんのお母さんは、納得がいかない様子でした。

年度末の進級面談では、

「塾に通ったら、普通はもっと上がるんじゃないんですか?」

「通塾の継続は、次のテストで決めさせていただきます。」

と伝えられました。

「分かりました。1学期の中間の結果で決めてください。」

と私は答えました。

確かに、まだまだ点数は低かったですからね。

しかし、ある日のことです。

お母さんは、Bさんが書いていたメモを見つけました。

そこには、「今回は20点UP!よし!」の様に書かれていたそうです。

Bさんは、自分のテストの点数の推移を記録していたのです。

これを見て、お母さんは理解しました。

この点数アップが、Bさんにとって、どれほど重要な意味を持っていたのかという事を。

すぐに、お母さんから連絡が来ました。

翌日に保護者面談を行い、作戦会議をしました。

その時の打ち合わせ通りに進め、2年生最初の中間テストを迎えました。

Bさんは、

336点(中間)⇒378点(期末)⇒401点(中間)

と圧巻の成績アップを果たしていきます。

私も、正直言って驚きました。

中3になっても、400点前後をコンスタントに取っていました。

この成績アップの背景には、ご家庭での工夫もあったのです。

Bさんのお母さんは、ご家庭での接し方を変えました。

Bさんの「出来たことを褒める」ようにしたのです。

それまでは、

「どうしてこんなのも出来ないの?」

と出来ない事ばかりを指摘していました。

減点主義から加点主義への転換を行ったというわけです。

この転換により、Bさんは、どんどん積極的になりました。

Bさんは、次第に自ら勉強するようになりました。

最後は、「数学が好きになりました」と言っていました。

入塾時の数学は16点です。それが中3では80点台を取るまでになりました。

公立高校入試では62点でしたが、平均点が49点の年でした。立派な点数です。

テスト前は、いつも最後まで残って質問していましたね。

これはひとつの例です。もちろん、こういうケースばかりではありません。

ただ、大人にとっては些細なことでも、子どもにとっては大きな成果という事があります。

これを見落とさない様にしていきたいですね。

最新の投稿