勉強法

国語がなぜ重要なのか?

こんにちは。塾長です。

昨日、国語の成績が爆上がり(偏差値50⇒76)した生徒を取り上げました。そして、国語の成績向上に伴って、他の英語・数学の成績も伸びたという話をしています。

これは、ごくごく自然なことなんです。

まず英語ですが、やはり国語と同じ言語ですから共通性は高いです。ですので、国語の読解が得意な生徒は英語の読解も得意になっていきますね。そして、両教科がリンクし始めると、英語を国語で理解し、国語を英語で理解するようになります。こうなってくると、もう勝手に成績が上がっていきます。

他の教科ですが、教科書や参考書は国語で書かれています。ここからが大事なのですが、日本で生まれ育ち、同じ国語を使っていても、その理解度には差がついているものなんです。仮に同じ教科書を使っていても、その内容の理解度は0~100まで幅があります。しかし、この国語の理解度の差をきちんと認識していないケースも多いんです。

ですので、基本となる「国語」を固める事は、全教科の理解度を底上げする効果があるのは間違いないと思います。しかも、かなり効果は高そうですね。

最新の投稿