勉強法

必要な学習時間には個人差がある

成績が伸び悩む場合、2つのケースがあると感じています。

①「勉強を頑張る!」という行動が取れないケース。

その行動を引き起こすまでの「欲」や「危機感」が足りません。

こういう場合は、周りの働きかけ(現実を教えてあげる事)と、

本人の成長が必要です。

何よりも、成長を促すことが必要です。

②定着するのに時間が必要なケース

欲も危機感もある。

取り組む姿勢も文句なし。

それなのに、点数が低い。

このケースは、意外と多いと思います。

これは、「もっと時間と量が必要な子」だという事です。

このタイプだと分かると、結構がっかりされる場合が多いです。

これは、生徒も保護者の皆さんも同じ反応をします。

「要領が悪いんだな、自分(うちの子)は」と思ってしまうんですよね。

この気持ちは分かります。

でも、がっかりする必要はまったくありません。

他の人達より時間も量も必要なら、「早く始めて、長くやればいいじゃん。」

と発想すればよいわけです。ちなみに、私も②のタイプでした。

私自身、中3の2学期の期末テストは、

テスト1ヶ月前から対策をスタートしました。

これは、自分の能力ではそれぐらい早く始めないと

テストに間に合わないと感じたからです。

結果は、5教科491点で学年1位。

学年2位は472点(盛岡一高へ進学)。

450点以上は2人しかいませんでした。

当時は1学年220人です。

時間が掛かるタイプなら、時間を掛ければ良いんです。

もし、時間の作り方が分からないようなら、

誰かにアドバイザーになってもらえば良いですね。

最新の投稿